もう一度確認しておきたいストレスチェック制度

ストレスチェックを行うのは、仕事による精神的負担が本人も気づかないうちに溜まってしまっていることがあり、うつなどの症状が重い病気を発症する前に本人が自覚したり、会社側が仕事の軽減や休暇を与えるようにするとともに、専門医のもとでカウンセリングを早期に受けることができるきっかけにするためです。

ストレスチェックについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

うつになる人や自殺者の増加傾向に歯止めをかけるため、ストレスチェックは2015年12月から、50名以上の従業員がいる事業所に義務付けられており、50名未満であった場合でもできるだけ行うように指導されています。

Yahoo!知恵袋情報がさらにわかりやすくなりました。

結果によって出世に影響が出たりすることは一切なく、データの分析は集団ごとで行われて会社や部署に提供されるため、個人が特定される危険はありません。
従業員は、受けたくない場合拒否もできます。



ストレスチェックによるメリットが十分生かせるようにするためには、前もって会社側で制度を熟知して準備する必要があります。プライバシーを守るために、担当する人以外に結果が漏れることがないようにしなければなりません。

ストレスチェックの実施者をだれにするのか、外部に委託するか、医師や保健師、研修を受けている看護師や精神福祉保健士のいずれかから選ぶ必要があります。実施する時期や質問内容、結果の保存場所など、決めなければならないことがたくさんあります。

質問内容は、国が推奨する項目があるので参考につくることが可能で、結果が出た後、従業員からカウンセリングを受けたいと申し出があれば、医師に依頼して面接指導を実施する必要があります。