なぜストレスチェックが始まったのか

ストレスチェック制度は、就労者の自殺数の増加、精神障害による労災申請件数の増加と企業対応の遅れ、メンタルヘルスに対する理解不足、を背景にして始まりました。日本は先進国の中でも自殺大国と言われており、メンタルヘルスは従業員にも経営者にも深く関わってくることです。

これからはストレスチェックに関する情報を公開中です。

心の病気に前向きに取り組んで、就労環境を向上させることで精神障害を防いで、職場のパフォーマンスを上げていくことを助けるためにストレスチェック制度が導入されました。基本的には。

あなたに合った条件で産経ニュースに関しての情報が閲覧できます。

厚生労働省が配布している職業性ストレス簡易調査票を利用して実施します。
すでに先行してメンタルヘルスに活用されている事例もあり、ある程度の成果が上がっているからです。
調査票は厚生労働省の委託研究で職場のストレスを測定する方法を開発するために、研究者にお願いして開発したものです。

学術的にもストレスを測るのに適したやり方だと実証されています。



以前までは厚生労働省ではメンタルヘルスチェック制度を目指していましたが、これはうつ病患者のあぶり出しになり、半ば強制的な早期治療の実施になってしまいました。


しかし、そのような制度を行うには精神科医や心理療法士の数が圧倒的に不足していたため、スクリーニングで取りこぼしがあることが不安材料として残っていました。
そこで、うつ病などの原因として高ストレス状態を位置付けて、高ストレスに晒されている従業員をいち早く見つけることを目的として、ストレスチェック制度が始まったわけです。