健康診断とストレスチェックの違い - ストレスチェックは意外と簡単にできる

健康診断とストレスチェックの違い

ストレスチェック制度は、メンタルヘルス面での健康診断です。
チェックを受けた従業員は、その結果をもとにして生活や労働環境の見直しを行います。


そこは健康診断と同じですが、通常の健康診断とは違い、希望者は面接指導を受けられます。
心の問題は非常にデリケートなことなので、個人情報の取り扱いが健康診断よりもずっと慎重です。

健康診断は診断結果が良くない従業員は、健康診断を担当した産業医や委託団体からアドバイスをもらいます。

そして、その結果を持って外部の病院で治療を受けます。
事業者が行うのは、医師の意見を受けて、勤務時間や役職といった就業の現状を見直すことです。

ストレスチェック制度も大まかな流れは同じです。

ストレスチェックを受けて高ストレスと判定された従業員は、ストレスチェックを実施した産業医や委託団体からアドバイスをもらいます。

安心安全のストレスチェックに関する疑問が解決できます。

さらに希望者は事業者に申告して外部の専門医の面接を受けることができます。

Yahoo!ニュース情報を参考にしましょう。

こちらの場合も、事業者が行うのは専門医などからの意見を反映して就業状の見直しを行うことです。ストレスチェック制度は健康診断よりも個人情報の保護について慎重で、高ストレスの該当者は事業者に希望することで面接が受けられるのが違う点です。
面接は強制ではなく希望者のみに行われます。
精神障害というナーバスな問題を扱うので、各自の意向が尊重されます。



個人で自己決定する必要があるので、事前に制度について知らせておくことが大切です。